So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

富士山麓の旅 ~その1・白糸の滝 [静岡]

今回から数回は静岡方面に出かけた旅の話題となります。
出かけたのは8月13日(月)~15日(水)の3日間です。
おもに富士山の周辺の観光とキャンプを目的に行ってきました。
早朝6時に自宅を出発し静岡方面へ車を走らせ、旅の始まりです。
今回は富士山近くの有名観光地の白糸の滝の話題となります。
白糸の滝は高さ20メートル、幅150メートルに渡り崖面の各所から
湧出した水がいくつもの白い糸を垂らしたように流れ落ち、滝となります。

01.jpg
名神・東名から新東名を走り、遠州森町のパーキングで休憩です。

02.jpg
自宅を出発して3時間半ほどで白糸の滝へ到着です。

03.jpg
駐車場でもらったマップの散策路を進みます。
この散策路はお土産屋さんが並びます。

04.jpg

05.jpg
富士宮焼きそばや静岡おでんの店です。

06.jpg

07.jpg
音止の滝です。白糸の滝と台地を隔てた東側にあります。
ヨコ写真とタテ写真の両方で撮ってみました。

08.jpg
散策途中、富士山のコーンがありました。面白いですね。

09.jpg
白糸の滝に近づくと、またしてもお土産物屋さんがあります。

10.jpg
こちらは赤富士専門店のようです。

11.jpg
白糸の滝が見えるところまでやってきました。
まだまだ遠いので近くまで行ってみます。

12.jpg
所々で小さな滝が噴出しています。

13.jpg

14.jpg
このあたりから空気がひんやりとしてきます。

15.jpg
滝から流れた水に触れます。かなり冷たくて気持ちいいです。

16.jpg
最も近くまできました。さらに涼しく感じ、霧のような水しぶきがかかります。

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg
滝の音がかなりの迫力です。
アップにしてどこをどう切り取っても美しいです。
三脚があれば糸を垂らしたような滝の写真も撮れます。

21.jpg

22.jpg
散策路を進み、高いところへやってきました。
近くで見る滝もいいですが、上から見る滝もいいですね。
nice!(2)  コメント(1) 

麺屋はなび [グルメ]

今回はグルメの話題です。
友人たちと稲沢にて食事会を行いました。
出かけた店は台湾まぜそばで有名な麺屋はなびです。
カウンターのみの店でしたが、台湾まぜそばはとてもおいしかったです。
その後はコメダ珈琲店でのんびりとしました。

01.jpg
テナントに入った店でした。

02.jpg
辛くないまぜそばを注文しましたが、それでも結構辛かったです。
トッピング1品無料だったのでメンマを注文しました。
よく混ぜていただきます。極太麺とスープと具の組み合わせが最高でした。

03.jpg

04.jpg
その後はコメダ珈琲店へ移動です。

05.jpg
ゼリー入りの飲み物のジェリコです。ミルクコーヒー味です。

06.jpg
もう少し食べたい気分だったのでチリドッグも注文。
ソーセージがカリカリで、こちらもおいしかったです。
nice!(2)  コメント(2) 

森川花はす田2018 [愛知]

7月16日の月曜日のことです。
この日は最高気温が37℃くらいまで上がった暑い日でした。
愛西市にある森川花はす田へはすを見に行ってきました。
早朝に行ったんですが、すでにかなりの暑さでした・・・
花は見頃でとてもきれいでした。品種も多く見ごたえのある田んぼでした。

01.jpg

02.jpg
はすの田んぼです。はすは所々で咲いています。
はすもきれいですが、葉っぱの緑もきれいですね。

03.jpg

04.jpg
それぞれの田んぼに品種の看板が立ててあります。
しかし、はすの色が違うくらいしかわかりません。

05.jpg

06.jpg
高いところから眺められるように橋が造ってあります。

07.jpg

08.jpg

09.jpg
その橋のおかげで遠くまで見渡せたりします。
また、花を真上から見ることもできます。

10.jpg
蓮見の会なんてのがあるんですね。

11.jpg

12.jpg
散った花をみるのもいいもんですね。

13.jpg

14.jpg
あとはきれいな花をアップで写しました。
暑い中、田んぼの中をぐるぐる歩きまわりました。

15.jpg
こちらの花は蜂がちょうど飛んできました。

16.jpg
はすを見ると夏の始まりを感じさせてくれます。
nice!(7)  コメント(6) 

1日世界旅行 ~その3・ネパールから月山 [愛知]

1日世界旅行の話題も今回でおしまいとなります。
今回はネパールから最後の月山までです。
また、期間限定で行われたロシアサーカスも見れました。
1日で世界各国の建物や文化に触れられ、
ウォーキングもできて満足の1日でした。

01.jpg

02.jpg
ネパールの仏教寺院です。仏教色が色濃く表現された建物です。

03.jpg
ネパールの仏教寺院は小高い丘の上にあります。
そこから眺める次の国のインドの料理店と土産物屋です。

04.jpg
逆にインド料理店から眺めるネパールの仏教寺院です。

05.jpg

06.jpg
インド料理の店でベジタブルとチキンのカレーをいただきました。
ナンとライスは選べます。カレーは実においしかったです。

07.jpg
インドのケララ州の家です。インドっぽい色の家です。

08.jpg

09.jpg
トルコのイスタンブールの街です。とてもきれいな街です。
売店ではケバブやのびーるアイスが人気でした。

10.jpg
タイのランナータイの家です。高床式の家です。

11.jpg
バスは10分間隔で運転されているのでお気に入りの建物の前で写せます。

12.jpg
トーテムポールです。順路の間のお楽しみのように立っています。

13.jpg

14.jpg

15.jpg
韓国の農家です。地味な雰囲気の家です。

16.jpg

17.jpg

18.jpg
韓国の地主の家です。壁や建物が豪華になります。

19.jpg
山形県の月山山麓の家です。茅葺の交換の工事中でした。

20.jpg
季節の花を1枚、アジサイが咲いてました。

21.jpg
園内を1周して、ロシアサーカスの始まる時間になりました。
ちなみにはしごは固定されてません。バランスを取ってジャグリングです。

22.jpg
紐でつながったボールをお手玉です。5個操ってます。

23.jpg
ビンを挟んでの椅子を積み上げて逆立ちです。

24.jpg
空中ブランコです。軽やかに飛んでました。

25.jpg
最後はサーカスのメンバー全員でお別れのあいさつです。
サーカスもかなり面白くて満足しました。楽しい1日となりました。
nice!(4)  コメント(6) 

1日世界旅行 ~その2・ドイツから西アフリカ [愛知]

リトルワールドの2回目の記事です。
今回はドイツから西アフリカまでです。
このリトルワールドは1周2.5キロありまして散歩するのにもいいです。
見学時間を含めた1周するのに要する時間は2時間です。
楽しみながら歩ける、とても素敵な博物館であります。

01.jpg
ドイツの入口です。くぐるだけでウキウキしてしまいます。

02.jpg
ドイツのバイエルン州の村です。壁に描かれている絵が印象的です。

03.jpg
聖ゲオルグ礼拝堂です。手前の段々の花壇も素敵です。

04.jpg
バイエルン州の村の広場にはフードスペースがあります。

05.jpg
フランスのアルザス地方の家です。
手前にはハートの中で写真を撮れるスポットがあります。

06.jpg
こちらはフランスの売店です。シンプルな造りとなっています。

07.jpg
こちらもアルザス地方の家です。
三方を囲まれてるのは台湾の農家と同じですね。

08.jpg

09.jpg
イタリアのアルベロベッロの家です。
売店ではピザやジェラートなどが楽しめます。

10.jpg

11.jpg
先ほどのドイツ、フランスの建物を遠めから写してみました。
おそらく、リトルワールドの中で最も人気のあるエリアだと思われます。

12.jpg
散策は続きます。ブドウ畑がありました。葉っぱの色がとてもきれいです。

13.jpg

14.jpg
リャマやヒツジたちのいるどうぶつ広場です。

15.jpg
生まれて間もないかわいらしいヒツジがいました。

16.jpg
どうぶつ広場の全体です。

17.jpg
テント村がありました。シリアやモロッコやケニアなどのテントが紹介されています。

18.jpg
道の向こうに集落があります。

19.jpg
その集落とはタンザニアのニャキュウサの家です。

20.jpg

21.jpg
手前の植物を入れるとさらに雰囲気が出ます。

22.jpg
南アフリカのンデベレの家です。なんともカラフルですね。

23.jpg
最後に西アフリカのカッセーナの家です。
中に入ると床が一段低くなっていて涼しくなるような造りでした。
今回はここまでです。次回はリトルワールドの最終回となります。
nice!(5)  コメント(4) 

1日世界旅行 ~その1・石垣島からポリネシア [愛知]

6月10日の日曜日の事です。
この地方ではすでに梅雨入りしているのですが、晴れました。
そこで、犬山にあるリトルワールドへ行くことにしました。
リトルワールドとは世界の家と暮らしをテーマとした野外民族博物館です。
今回から3回にわたってマップの順路に沿って各国を紹介していきます。
今回は沖縄県石垣島の家からポリネシアのサモアの家までです。

01.jpg
入り口です。よく見るとリトルワールドの文字が人で描かれています。

02.jpg
入り口を入ると巨大な銅像がお出迎えしてくれます。

03.jpg
まずは沖縄県石垣島の家です。外は残念ながら工事中でした。
裏庭では沖縄そばなどの沖縄料理の店が出ています。

04.jpg
沖縄本島の斎場です。ひっそりとした場所にありました。

05.jpg
シーサーと赤瓦の屋根、まさに沖縄ですね。

06.jpg
北海道のアイヌの家です。防寒を考えた造りです。

07.jpg
アイヌの家の集落前にはエゾヒグマの像がありました。かなり凶暴そうです。

08.jpg
台湾の農家の前に咲く睡蓮です。ちょうど見頃でした。
季節の花が楽しめるのもうれしいですね。

09.jpg
そして台湾の農家です。裏庭には井戸などもありました。

10.jpg
台湾料理の店です。ラーメンや小龍包などが人気です。

11.jpg
北アメリカ平原インディアンのテントです。

12.jpg
アラスカのトリンギットの家です。トーテムポールがあるんですね。

13.jpg
園内は広いのでバスでの移動もできます。

14.jpg
ペルーの大農園領主の家です。壁に描かれた絵が素敵です。

15.jpg

16.jpg
教会もあります。ちょっとした集会場のようです。

17.jpg
ノウゼンカズラの花が咲きます。赤い花のマダムガレンです。

18.jpg
インドネシアのバリ島貴族の家です。

19.jpg
中に入るととてもきれいな部屋ばかりです。

20.jpg
外には花壇もあります。きれいに手入れされています。

21.jpg
ここにもノウゼンカズラです。こちらは在来種のオレンジ色の花です。

22.jpg
ゆりもありました。植物園に来ているような感じもしますね。

23.jpg
左側がミクロネシアのヤップ島の家で右側がポリネシアのサモアの家です。
このあたりで全体の3分の1くらいです。次回に続きます。
nice!(5)  コメント(4) 

稲沢あじさいまつり2018 [愛知]

6月10日の日曜日のことです。
稲沢市にある性海寺へあじさいを見に行ってきました。
まつり期間中で見ごろを迎えていました。
いつものように早朝に訪れたので火とも少なくじっくり見れました。

01.jpg
門からして貫禄のあるお寺です。

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg
入ってしばらくはお地蔵様や多宝塔などの建造物が続きます。
その回りにあじさいが咲いている程度です。

06.jpg
ブランコと滑り台があります。お子さんも楽しめます。

07.jpg
撮影用の看板がありました。今年から登場したようです。

08.jpg

09.jpg
お寺を背景にアジサイを写します。

10.jpg

11.jpg
このお寺には古墳もありまして、その頂上からの眺めが最高です。

12.jpg

13.jpg
小さな池があって花しょうぶが咲いていたり、金魚が泳いでいたりです。
先ほどの遊具といい、こういうちょっとした楽しみがあるお寺です。

14.jpg
ちょっと変わったあじさいです。花びらが面白い形です。

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg
このお寺は途中からアジサイが群がって咲くエリアがあります。
背景を考えながら写すにはちょうどいいですね。

19.jpg
いつもおなじみのまんじゅうやです。
この地方のお祭りで見かけないことは絶対にないです。

20.jpg
今年もきれいなアジサイを見れて満足しました。
nice!(6)  コメント(6) 

花しょうぶ祭2018 [愛知]

6月9日の土曜日の事です。
一宮市の万葉公園高松分園の花しょうぶを見てきました。
この日は花しょうぶ祭が開催されました。
前日は雨で、しっとりと濡れた花しょうぶを楽しんできました。

01.jpg

02.jpg
花しょうぶの咲く高松分園です。
隣には神社があり、鳥居をバックに入れたりして写せます。

03.jpg
ほとんどの花が見頃でした。

04.jpg

05.jpg
花の品種によってここまで茎や葉の色が違うんですね。

06.jpg
白っぽい花しょうぶが多いです。

07.jpg
こちらはよく見かける色ですね。

08.jpg

09.jpg
しっとりと濡れた花がいい感じです。

10.jpg
つぼみもありました。つぼみのままでもきれいです。
nice!(5)  コメント(4) 

全国チンドン祭り2018 [愛知]

一宮市の萩原商店街で行われたチンドン祭りへ行ってきました。
行ったのは5月27日の日曜日です。
普段は物静かな商店街ですが、大変なにぎわいとなります。
チンドンマンのコンクールや大道芸人のショー、エイサーショー、
阿波踊りなどが楽しめます。

01.jpg
大道芸人ココロさんのショーです。

02.jpg
ひもでクルクル回すやつです。かなり高くまで飛ばします。

03.jpg
風船を使ったマジックをしつつ、帽子を作り上げました。

04.jpg
一輪車に乗ってジャグリングもします。
もちろんトークでも楽しませてくれます。

05.jpg

06.jpg

07.jpg
エイサーチームの行進です。
見ているだけで面白そうな雰囲気が感じられます。

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg
出店もまあまあ出ています。食べ物系やおもちゃ系など色んな種類があります。
出店は商店街の商店の邪魔にならないような位置で出ています。

12.jpg

13.jpg

14.jpg
阿波踊りチームです。阿波踊りをしながら商店街を進みます。
距離が結構あるので大変そうです。

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg
エイサーチームは普段は駐車場となっている会場で踊ります。
太鼓を持ちながら踊ったりでこちらも大変そうです。

19.jpg
こうしてにぎやかなお祭り会場をあとにしました。
見ている時間が短かったので、チンドン屋さんの写真はまったく撮れませんでした。
nice!(6)  コメント(8) 

河和口で潮干狩り [愛知]

5月20日の事です。
知多半島の方へ潮干狩りへ行ってきました。
向かった先は河和口潮干狩り場です。
自宅を出発し、名古屋高速や知多半島道路などを乗り継ぎ、美浜ICで下車しました。
干潮の時間までちょっとあったので、えびせんべいの里で小休止しました。
潮干狩り場は人が少なく、アサリはたくさん獲れました。
まさに穴場的な潮干狩り場で来年以降もここへ行こうと思いました。

01.jpg
美浜ICすぐにある、えびせんべいの里です。工場見学もできます。

02.jpg

03.jpg

04.jpg
えびせんべいの製造体験もできます。1枚300円でおおきなえびせんべいを作れます。

05.jpg
店の中には記念撮影の場所があります。

06.jpg

07.jpg

08.jpg
えびせんべいの売り場です。種類がとても多かったです。
しかも、ほとんどの種類が試食できるのでうれしいです。

09.jpg

10.jpg

11.jpg
そして河和口潮干狩り場へ到着です。
まだまだ水が多いです。水が引くまでは弁当を食べたり、散歩したりです。

12.jpg
散歩していると、いい感じの商店がありました。

13.jpg
駐車場もやっているようです。

14.jpg
手書き感がいいですね。

15.jpg

16.jpg
そのほかにも興味をそそる建物や通りがありました。

17.jpg

18.jpg
いよいよ潮干狩りのスタートです。

19.jpg
石が多いため、石をはがしたりしてアサリを探します。

20.jpg
石があって邪魔ですが、アサリは面白いようにたくさん獲れます。

21.jpg
1人アミに1袋までは基本料金内です。パンパンに入ってます。

22.jpg
満足して潮干狩りを終了しました。
満足したおかげでしょうか?来た時よりも海が美しく感じました。
nice!(6)  コメント(6) 
前の10件 | -